2017年5月24日水曜日
saraba-gekituu ディナゲストのジェネリックが6月に発売 | さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

ディナゲストのジェネリックが6月に発売



ディナゲストのジェネリックが6月に発売


もうすぐディナゲストの
ジェネリックが発売されます!
待ちに待ったジェネリック!


今、ディナゲスト1錠は475.5円です。


1日あたりで計算すると1日2錠=951円

1ヶ月分(処方は28日分)だと26,628円

これを3割負担で計算すると7,988.4円

約8000円となります。



これが、ジェネリックですと約半額ぐらいで
購入できるということです。



ジェネリックと先発品は
同じものなの?

ジェネリックとは、先発品と同じ有効成分、
同じ分量で作られていて、品質、効き目、
安全性が同等な薬です。


違いとしては、色、形、味、添加物
が挙げられています。



では、ディナゲストの
ジェネリックはどうなのか?

持田製薬販売から出る
ジェノゲスト錠を調べてみると、

『オーソライズド・ジェネリック(AD)』

と書いてあった。

では、一般的なジェネリックとは
何がちがうのでしょうか?


先発品と同一の原薬、添加物、製法


で製法されているのだそうです。



じゃぁ、ジェネリック品は
ディナゲストと全く同じ成分
だから効果も変わらないって
ことですか?



ところがそうではないのだそうです。
それは…



効能、効果が違う



ということです。



ちょっと!! 

聞いてないよーーーー!



なんだそれ?!って感じですよね。



その違いっていうのは



子宮内膜症には有効
だが子宮腺筋症に伴う
疼痛の改善効果がない



というのです!



どこが同成分なんじゃい!

屁理屈並べてんじゃないよ!

一体どういうことなんだよ!



それは保険適応の違いにあるそうなんです。



ディナゲストには 

「子宮内膜症」と
「子宮腺筋症に伴う疼痛の改善」

 に対して保険適用されています。



しかし、ジェネリックの保険適用は現時点
では、

「子宮内膜症」

 だけになっています。



なぜ「子宮腺筋症に伴う疼痛の改善」
保険適用されないのか分かりませんが、
ディナゲストも数年遅れて保険適用になった
というので、ジェネリックも適用までに時間
がかかるのかもしれない、もしくは新薬との
差別化を図る為なのか、いずれにしても
子宮腺筋症に効果がないのであれば、
このジェネリックは腺筋症持ちの私にとって
有効ではないということになります。




あーー、がっかりorz


ぬか喜びってこういうことをいうんだ…。


婦人科の医師は、
このことを教えてくれなかったよ。



それでも、わずかな希望も捨てたくないので
、とりあえず発売されたら試してみたいと
思います…。
 

↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ
よく読まれている記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...