2017年6月25日日曜日
saraba-gekituu 医師の処方箋と違うメーカーの薬が処方された | さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

医師の処方箋と違うメーカーの薬が処方された



医師の処方箋と違うメーカーの薬が処方された



3日後にディナゲストが飲み終わるので、
昨日婦人科へ行き、ジエノゲストを
処方してもらいました。


そしていつもの調剤薬局へ行きました。



しばらく待たされ、



「すみません。 ジエノゲストなんですが
今在庫がないんです。」



え?発売されたばかりなのに
もう売り切れたの?



「発売されたばかりで
まだ入荷が間に合ってないんです。」



間に合ってないって16日に発売されて
1週間は経ってるけど・・・。


発売に合わせて在庫確保するものじゃない
んですかね・・・。


地元では結構大きなグループの調剤薬局なの
でストックされてると思ってました。



「3日後に薬が切れるんですけど・・・」



というとグループの他の店舗にも在庫がある
か問い合わせてくれることに。



すると



「4日後になら取り寄せられるのですが
・・・」



と言われました。



「いや、3日後じゃないと困るんです
が・・・」



「そうですよね・・・、
もう少しお待ち頂けますか?
他のところも問い合わせてみます。」



と言われ待つことに。
しばらくして、



「2日後に取り寄せられるものがありました。
ですが、メーカーが違うところのなんですが
よろしいですか?」



「え?そうなんですか。
最初はどこのメーカーだったのですか?」



「えっと、先生が処方されたのは『モチダ』で
お渡しするはずのものだったのが
『二プロ』です。」



「そうなんですか・・・ん?
先生はモチダを処方箋として出してるのに
なぜメーカーの違うのが処方されるのです
か?」



「うちでの取り扱いのメーカーが二プロなので
そうなりましたが、成分的には同じなので
大丈夫ですよ。」



は?


そんなこと聞いてるんじゃないんですけど!


患者に説明なしに違うメーカーを処方するの
はおかしいでしょ!?



と思いましたが、


周りに他の患者さんもいたので
言うのは控えました。



「では今後、メーカーの指定は
できるのですか?」



「はい、もちろんそれはできます。」



またも薬局側に不信感を持ちました。



家に帰ってから私のような事例がないか
調べてみました。


患者側に指定の変更があることは伝え
医師、患者いずれかの同意が必要である。


ということらしいのです。


医師の同意があれば
変更は患者に伝えなくてもいい

ということで伝えなかったのかもしれません。


微妙なところです。



でも私はディナゲストを出している
モチダのジェネリックが希望であったので
今回このようなことがなければ、
メーカーの変更があることを
気付かずにいたかもしれません。



あまり気にしない人なら関係ない話ですが
メーカーのことまで知らないって人の方が
多いと思います。


私も今回のことがなかったら
気付かなかったと思います。


お薬手帳にメーカー名は書いてありますが、
医師がどのメーカーを処方しているか
分からないですから。



でも病院から渡される処方箋の紙には
書いてあるのかもしれません。



今度病院からの処方箋の紙を
良く見たいと思います。


↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ
よく読まれている記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...