2017年6月1日木曜日
saraba-gekituu アレルギー体質の人は子宮内膜症になりやすい!? | さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

アレルギー体質の人は子宮内膜症になりやすい!?


アレルギー体質の人は子宮内膜症になりやすい!?


子宮内膜症の原因にアレルギーが
関係しているという記事を見ました。


私はこれを見て「やっぱり!」
と思いました。


というのも、私は
アレルギー体質だからです。



花粉

動物

ぜんそく

ダニ



金属

寒冷蕁麻疹など・・・



と、こんな感じで常に、
くしゃみ鼻水、蕁麻疹に襲われます。



ついでに、持病の甲状腺機能亢進症も
アレルギーの一種で、花粉症の時期な
んかに悪化したりします。



記事によると、



子宮内膜症患者さんの多くが花粉症や喘息な
どのアレルギーを発症しているケースが多い
という。

あるアレルギー持ちの子宮内膜症患者が、抗
アレルギー薬のロイコトリエン拮抗剤を飲み
続けたところ、生理痛が軽くなり自然妊娠も
できたという報告があった。

そして、大森赤十字病院産婦人科医師と臨床
病理研究所の動物実験により、子宮内膜症の
発症にアレルギーが関連していることが確か
められた。

人の内膜組織を調べたところ、アレルギーに
関わる『肥満細胞』が異常に増殖しているこ
とを発見した。

肥満細胞は抗体からの信号でヒスタミンなど
の化学伝達物質を作り出し放出すると炎症が
起きる。

中でも、アレルギーを誘発させる作用がある
ロイコトリエンという化学伝達物質に、ロイ
コトリエン拮抗薬を投与すると、増えすぎた
肥満細胞の放出を消滅させる効果が高いこと
がわかった。

そしてアレルギー疾患を併せ持つ子宮内膜症
患者100人に2週間〜3ヶ月間ロイコトリ
エン拮抗薬を服用してもらった結果、約8割
の人に生理痛の改善や出血量の正常化がみら
れたという。



私は、子供のころから30歳くらいまで喘息
の症状があり、このロイコトリエン拮抗薬の
キプレスという薬を処方されて飲んでいまし
た。



飲むのは症状が酷くなってから
1〜2週間だったと思いますが、
その間生理が軽くなるといったことは
感じませんでした。



8割もの人に効果があったということで、
アレルギーの時に処方されたキプレスを
飲んで再度検証してみましたが、私には
効果がありませんでした。



もっと長期に渡って続けて飲めば
効くのかな?



私は子宮腺筋症もあるので
効かなかったのかもしれません。



キプレスは最近まで新薬で薬代が高かったで
すが、今はジェネリックも出ているので興味
のある方は婦人科の医師に相談してみるのも
良いかと思います。



↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ
よく読まれている記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...