2017年10月20日金曜日
saraba-gekituu 薬の副作用?で鬱病のような状態に。ジエノゲスト・ディナゲスト | さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

薬の副作用?で鬱病のような状態に。ジエノゲスト・ディナゲスト


ジエノゲスト・ディナゲストの副作用〜うつ病〜私の場合

今回はディナゲスト・ジエノゲスト服用
による副作用「鬱」についてです。

持田製薬の使用上の注意には、


うつ病又はうつ状態の患者並びにそれらの既往歴のある患者(更年期障害様のうつ症状が現れるおそれがある)

と記載されています。


私は今現在、鬱の症状が出ている状態です。

薬を飲み始める前は、
生理前のPMSに加え、
バセドウ病の症状が合併して、
辛い精神状態でありましたが、
ディナゲスト(ジエノゲスト)
を飲み始めてからPMSは落ち着き、
バセドウ病も薬で回復したのですが、
今度は今までの症状とは違う精神状態が
襲ってきているのです。


私自身の感じた、
PMS、バセドウ病精神疾患、
ホルモン療法(ジエノゲスト)
この3つの精神状態を比べてみると
以下のようになります。



PMS
・とにかくイライラ
・感情の起伏が激しい
・泣き出す
・怒りがこみ上げる
・キレる


バセドウ病
・疲れやすいので動く気力がない
・常に不安
・思考力の低下
・手が震え色々上手くできない
 (不器用になる)
・心臓がバクバクで興奮状態


ホルモン治療
(ジエノゲスト・ディナゲスト)
・無感情
・怒る気力がない
・何も楽しくない
・何も嬉しくない
・生きてる価値がわからない
・欲がない
・まるでロボット



唯一このブログを書いている時だけは、
自分の気持ちを整理しながら、
心と会話して自身を保っていられます。


PMSとバセドウ病が改善されたことで、
体も随分楽になりました。
ジエノゲストのおかげで激痛からも
解放されていますので体は良好です。


しかし、以前は体が辛くても働く意欲や
感情もあり、外に向けて行動しようという
気持ちがあったのですが、体が良好になって
ようやく動き出せると思っていたのに、
今は全くその気持ちがないのです。


眠っている時が一番幸せです。
何も考えずにいられるからでしょう。

死にたいという気持ちというよりは
すでに死んでいるのではないか
という感じです。


今まで幸せだと思えたこと、
嬉しいとか楽しいとか思ってたことが
感じられない、不感症と言いますか、
それは結構悲しいことです。
悲しみの感情は残っているようです。

私は5〜6年ほど前から、
味覚臭覚障害もあり、味も匂いも
感じることができなくなりました。
食べても味が分からない、
いい匂いも感じることができない、
臭い匂いは嗅がずに済みますが、
異臭やガス漏れがあっても気づかないので
危険ですが・・・

このせいもあって更に生きた心地を
感じられていません。
ホルモン治療する前も味覚臭覚障害は出て
いましたが行動力はまだ残っていました。


無気力、無欲、無感情・・・
まるで悟りを開いた僧侶のようです。
このまま出家して尼さんにでもなろうかな
・・・。


感情の起伏が激しかった頃は、
この敏感な心が嫌だったけど、
生きてる実感はあったし、
欲もありました。
 
だけどジエノゲストを止めて、また
あの激痛生活に戻りたくありません。

かといって心療内科とか精神科とか行って
鬱の薬を飲むのも嫌なんです。

バセドウの薬も飲んで、
ジエノゲストも飲んで、
心まで薬漬けになったら、
本当の自分は
いなくなってしまうんじゃないか
という恐怖です。

ひとかけらしか残ってない自分が
本当に抹殺されてしまう気がします。

抜けた歯のように、二度と自分の歯が
生えてこないのと一緒です。

もっと自分を信じて、
この状態から抜け出してみせます。
私を救えるのは私だけしかいないのだから。

家族にはあまり心配かけたくありませんが、
こんな状態の私を見て不安になっている
かもしれません。

明るい家庭にできなくて申し訳ないと
思っています。
主人や母はこんな私を見て
何もしてあげられないことが悔しいと
言ってくれます。

でも、以前の怒りっぽい私と
今の無気力の私とどちらがマシでしょうね。
この中間になれたらいいのですけどね。

↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ
よく読まれている記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...