saraba-gekituu 避妊効果あるの?ディナゲスト・ジエノゲスト | さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

避妊効果あるの?ディナゲスト・ジエノゲスト



ディナゲスト・ジエノゲストは避妊効果ある?


今回は



ディナゲスト・ジエノゲストは避妊効果があるのか?



という疑問を調べてみました。



皆さんもご存知の通り
ピルは避妊薬なので99%の避妊率
誇ります。

ではディナゲスト・ジエノゲストはどのくらいの避妊率なのでしょうか?

ディナゲスト・ジエノゲストもピルと同じく排卵を抑える薬ですよね。
だから避妊率も高いんじゃないの?と思いますよね。


ディナゲストとピルの違い


ピルには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。

これを服用することで十分にホルモンが分泌され、脳に「妊娠した」と認識されることで卵胞の発育と排卵が制御される仕組みになっています。

そのため偽妊娠状態となり避妊効果があります。

これに対しディナゲスト・ジエノゲストは単体の黄体ホルモン剤で子宮内膜細胞に直接作用しエストロゲンの分泌を低下させることで、 排卵の制御、卵胞の発育を止める効果があり子宮内膜が厚くなるのを抑える効果があります。

そのため精子の着床を抑え避妊が期待できます。

しかし中途半端に排卵が起こるため、すり抜けた卵子が精子と結びつけば妊娠する。

このため避妊効果は絶対的では無いので避妊薬としては認証されていません。

ピルは自身の卵巣からこの2つのホルモンが出ないのに対し、ディナゲストは自身の卵巣から少量の卵胞ホルモンが出るため、ピルよりは避妊率が低いということになるようです。



ピル・ディナゲスト・コンドーム避妊率比べ


ピルの避妊率は99%
きちんと正確に服用できれば、ほぼ100%の避妊をすることができます。

コンドームの避妊率は85〜97%
破けたり漏れたりしなければ高確率で避妊できます。
しかし男性の同意が必要です。

ディナゲストは基本、避妊薬として発売されているわけでは無いので避妊率はどこにも書いてありませんでした。
服用中は非ホルモン性(コンドーム)での避妊をすることと注意書きに書いてあります。

しかし、理論上はディナゲストにも避妊効果はあります。
ピルの99%よりは低く、コンドームよりは高い確率だということになります。

ピル99%>ディナゲスト>コンドーム85〜97%

ディナゲストとコンドームの併用では99%以上の避妊効果が期待できます。


結論


ディナゲストは避妊効果は絶対的では無いが理論上は避妊できるということです。

しかし運が悪ければ、たまたま排卵してしまった時に受精してしまい妊娠に至る可能性は否定できません。

いつ排卵するか分からないというのはリスク高いですね。

しかしディナゲストを飲んでいる以上、排卵も発育も抑えられているのは事実ですから飲んでいない状態よりは妊娠する可能性は低いでしょう。

でも避妊を保証するものではないということをメーカー側の説明書には記載されているので、もし妊娠したとしても責任は負えませんということになります。

妊娠を望んでいなければディナゲスト単体ではピルほどの避妊効果はないので、性病対策にもなるコンドームの装着がベストです。

↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ

よく読まれている記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...