saraba-gekituu ジエノゲスト161日目 経過報告&消退出血について。 | さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

ジエノゲスト161日目 経過報告&消退出血について。


ジエノゲスト161日目 経過報告&消退出血について。


寒さも本格的になってきましたね。
私の住む地域では毎日雪マークです(涙)
雪は大嫌いです!
今回の記事はこちらの2つです。


ジエノゲスト経過報告


153日目から薄い血混じりのおりものが出始め、昨日から(160日目)ナプキンが必要なくらいの少量の出血があります。


数日前から少し腰が重いなと感じていましたが、出血が始まると生理の時のような腰の鈍痛に変わりました。


生理時の気怠さが少しあります。


若干お腹の張りもあります。


でも子宮の痛みはありません。


ジエノゲストを飲んでいても生理周期が訪れるのでしょうか。


時間通りに飲んでも出血するということが分かりました。


どうやら飲む時間は関係ないということですね。


そして私の場合、不正出血というより生理が来ているという感じです。


薬の量が少ないのかな・・・?


それとも体が長年の生理周期を覚えているから出血してしまうのか・・・。


でも以前みたいな大量出血は出なくなりました。


理論上はジエノゲストを飲んでいる限り生理は止まるので、この状態は生理ではないようです。


しかし、生理周期に似た日数で出血があり、お腹の張り、腰の重みは生理の状態と同じです。


調べてみると、これは「消退出血」というそうで、生理に似ているけど別のものだそうです。


消退出血について



消退出血とは、生理による出血とホルモン治療薬(ピルやジエノゲスト)による人偽的な出血により起こります。


そして、生理も消退出血の一種だそうです。生理も消退出血も子宮内膜が剥がれる事により出血します。



一番の違いは生理は排卵があるけど、消退出血では排卵が起こらないということです。



消退出血のメカニズムは生理と同じで、エストロゲンとプロゲステロンの働きにより子宮内膜が厚くなり、この2つのホルモンが減少(消退)すると内膜が剥がれ落ち消退出血として排出されるようです。



出血が止まらなければ子宮は休まってないですよねー。


しかし、生理の時のような痛みは子宮にありません。


それは、ジエノゲストには激しい痛みの元となるプロスタグランジンという子宮収縮作用を抑える効果があるため、出血しても痛みが軽減されているのです。


でも、生理の時のような腰痛とお腹の膨張感みたいのは軽く出ていますが・・・。


出血があると不安になります。


早く完全に出血が止まる日が来るといいです。

↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ
よく読まれている記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...